「黒板五郎の徒然草」トップ

更新日:2024年6月22日

~お知らせ~||-|

《記事一覧表(各種テーマに着目した一覧表)》
【更新型記事】

掲載日
(作成/更新)
記事名
トピック
2024/5/30 囲碁 歴代のタイトル保持者(2024年5月30日現在) 第79期本因坊戦の第三局において、一力遼本因坊が、挑戦者の余正麒八段を中押し勝ちで破り、三連勝で本因坊のタイトルを初防衛。
2024/5/28 将棋 歴代のタイトル保持者(2024年5月27日現在) 5月27日(月)、藤井聡太八冠が、第82期名人戦第5局に臨み、豊島将之九段に対して勝利し、対戦成績4勝1敗でタイトル初防衛。これにより、八冠を維持した。

【分類別】

テーマ 一覧表へのリンク
旅行/行楽 工事中「旅行/行楽」記事一覧(先頭:最新順) 【1】誕生~1987年3月
工事中「旅行/行楽」記事一覧(先頭:最新順) 【2】1987年4月~2000年
工事中「旅行/行楽」記事一覧(先頭:最新順) 【3】2001年~2013年/6月
工事中「旅行/行楽」記事一覧(先頭:最新順) 【4】2013/7~現在
國體ワンワールド 國體ワンワールド記事一覧
私の心に響く歌 【索引】私の心に響く歌

 

黒板五郎の徒然草(更新履歴)

 ※最近(直近の一ヶ月程度)の掲載記事(新規記事、更新記事)の一覧表は、以下。

掲載・更新
区分
記事時期
記事名
   内容   
                   
2024/6/22 更新 2024/6/22 【目覚めよ日本 英国人記者が見た真実】不都合な歴史を直視しない韓国 いいね
2024/6/22 更新 2024/6/22 いよいよ世界の構図が転換期を迎える!? 国際問題
2024/6/21 新規 2024/6/21 いよいよ世界の構図が転換期を迎える!? 国際問題
2024/6/20 更新 2016/6/20 将棋 歴代のタイトル保持者(2024年6月20日現在) 文化教養、記録
2024/6/19 更新 2016/9/10 白内障手術体験レポート 由無し事
2024/6/19 更新 2016/9/4 黄桃が美味い! マメのサッカーも上手い! 由無し事
2024/6/18 更新 2016/8/31 支那とのつきあい方 国際問題、國體ワンワールド史観
2024/6/17 更新 2016/8/30 マメちゃんとの知恵比べ 由無し事
2024/6/17 新規 2024/6/17 【國體】世界國體天皇 堀川辰吉郎(その一) 國體ワンワールド史観
2024/6/16 更新 2016/8/28 【正論 と思う】子育てについて いいね
2024/6/16 更新 2016/8/26 福岡での宴 今昔
2024/6/15 更新 2016/8/21 運送業の人手不足、その原因である低賃金に政府が漸く腰を上げる 国内問題
2024/6/14 更新 2016/8/21 マメちゃん、お散歩解禁! 由無し事
2024/6/13 更新 2016/8/2 健康診断 由無し事
2024/6/11 更新 2016/7/19 昨日起こったこと 由無し事
2024/6/10 更新 794/11/22 桓武天皇 都を長岡京から平安京に遷都 國體ワンワールド史観、歴史
2024/6/10 新規 2016/6/10 天皇の系図(南北朝編) 國體ワンワールド史観
2024/6/9 更新 2016/6/12~6/14 旅155_1山口旅行2016(1) 秋芳洞(あきよしどう)、秋吉台、萩指月(しづき)温泉
旅155_2山口旅行2016(2) 萩城趾、萩買物、仙崎、西長門
旅155_3山口旅行2016(3) 角島観光、道の駅「北浦街道 豊北」、関門橋
旅行
2024/6/8 更新 2016/6/7 お金(通貨)について お勉強
2024/6/7 新規 2016/6/7 行楽三島スカイウォークに行って来ました 行楽
2024/6/7 更新 2016/6/2 ポスト事情 由無し事
2024/6/5 更新 2016/5/26 想像の世界 〜新しい世界秩序〜 由無し事
2024/6/4 更新 2016/5/24 勝手にWindows10にアップデート!「ほとんどサイバーテロ」Windows10は、マイクロソフトとアメリカ政府に情報が筒抜け!? 注意!
2024/6/3 更新 2016/5/18 北海道からの贈り物 由無し事
2024/6/2 更新 2001/1/1 天皇の系図 歴史、國體ワンワールド
2024/6/2 更新 2016/5/13 実家の「墓じまい」、最も多いトラブルは? 世情
2024/6/2 更新 2016/5/7 行楽ぐりんぱのチューリップ(2016/5/4) 行楽
2024/5/30 更新 2016/4/28 珈琲について 由無し事
2024/5/30 更新 2024/5/30 囲碁 歴代のタイトル保持者(2024年5月30日現在) 記録
2024/5/29 更新 2016/4/10~4/12 旅154_3福島東京旅行 (3) 東京都内2日目 旅行
2024/5/28 更新 2024/5/27 将棋 歴代のタイトル保持者(2024年5月27日現在) 記録
2024/5/27 更新 2016/4/10~4/12 旅154_2福島東京旅行 (2) 袋田の滝〜東京都内1日目 旅行
2024/5/26 更新 2016/4/10~4/12 旅154_1福島東京旅行 (1) 三島〜福島 旅行
2024/5/25 更新 2024/5/25 戦後の歴史、日本国憲法、ほか 歴史
2024/5/24 新規 2024/5/24 【國體】氷河期後の地球人類をリードする「ウバイド」の起源 國體ワンワールド史観
2024/5/22 新規 2024/5/22 國體(こくたい)ワンワールド史観について 國體ワンワールド史観
2024/5/21 新規 2024/5/21 素晴らしいヴァイオリン演奏 音楽
2024/5/20 更新 2016/2/20~2/24 旅153_1北海道流氷旅行2016 (1) 三島〜北広島
旅153_2北海道流氷旅行2016 (2) 北広島〜層雲峡
旅153_3北海道流氷旅行2016 (3) 層雲峡氷瀑まつり
旅153_4北海道流氷旅行2016 (4) 層雲峡〜流氷観光
旅153_5北海道流氷旅行2016 (5) 網走〜阿寒湖温泉
旅153_6北海道流氷旅行2016 (6) 阿寒湖温泉〜北湯沢温泉〜三島
旅行
2024/5/19 新規 2016/2/10
2016/2/13
2016/2/16
2016/3/17
ロシアの歴史 (1) プーチン大統領誕生
ロシアの歴史 (2) 何故、プーチン大統領が誕生したか
ロシアの歴史 (3) プーチン大統領 国内大改革
ロシアの歴史 (4) [最終回] 反米にシフトしたロシア、仮想敵国アメリカ
歴史
2024/5/16 更新 2016/1/11 どんど焼き 由無し事
2024/5/15 更新 2016/1/7 帰省84正月帰省2016 帰省
2024/5/13 更新 2015/12/18 凛とした空気に映える富士 由無し事
2024/5/9 更新 2015/11/14 行楽長瀞(ながとろ)バスツアー 行楽

 

【以下、時系列】

時代 時期 居住地 記事一覧へのリンク
(4)セカンドライフ 2013(平成25)年7月~現在 静岡県(三島市) 更新中 記事一覧表(セカンドライフ)
(3)勤労時代(家族有) 1987(昭和62)年4月~2013(平成25)年6月 静岡県(沼津市、三島市) 記事一覧表(結婚~退職)
(2)勤労時代(独身) 1977(昭和52)年4月~1987(昭和62)年4月 神奈川県(横浜市、川崎市)
静岡県(沼津市)
記事一覧表(独身時代)
(1)誕生~学生時代 昭和時代(前期)~1977(昭和52)年3月 福岡県(福岡市) 記事一覧表(私のルーツ~学生時代)

 

いよいよ世界の構図が転換期を迎える!?


いよいよ世界の構図が転換期を迎える!?
2024年6月21日(金) 雨
更新:2024年6月22日(土)
 
【2024/6/22追記】
昨日、ロシアと朝鮮半島問題(南北の和解、統一)について。下に書いたばかりだが、
今朝、ネットを視ていたら、ロシア(プーチン大統領)と韓国の間で、何やらキナ臭い動きが出始めた様である。以下のニュース。
一悶着の後に、次期米国大統領選にてトランプさんが返り咲き、在韓米軍の撤退を進めだすと、韓国は、ロシア(支那とも手を結んでいるロシア)に擦り寄り始め、いよいよ、ロシア(+支那)による朝鮮半島の統一(南北の和解、更には、統一国家「コリア」の誕生)が、成立するのかも。
その頃には、アメリカ合衆国は、経済破綻(国家デフォルト)して消滅し、旧ソ連の場合と同様に、分国化が進んでいるのかも。
そういう意味(アメリカ合衆国の国歌破綻宣言➪分国化をトランプさんの手で進めるという意味)でも、國體がトランプさんの再登場を演出しているのかも。
(私の勝手な妄想であり、根拠はありません 笑)
 
  プーチン氏、韓国のウクライナ武器供与は「過ち」 対抗措置を示唆
 
【2024/6/22追記 おわり】
 
マスメディア(新聞、TV)のニュース(≒米国寄りの偏向報道)しか視ていない方には、多分、信じ難いと思うが、
世界の勢力図が、いよいよ、米欧を中心とした構図から、中露・BRICSを中心とした構図に変わって行くのが不可避の状況になって来た様である。
昨日発信された田中宇(たなかさかい)さんのレポート(現実に起こっている「事実」)を読むと、これはもう、信じるしかない内容である。
 
そのレポートは、以下。但し、有料会員向けレポートなので、会員しか参照出来ないが、恐らく、近日中には、いつもの様に、
誰でも読める無料レポート(内容は、有料版よりも多少、丸められて縮小されているとは思うが)も発信されるものと推測する。
 
 【田中宇PLUS:朝鮮半島問題の解決には韓国の非米化が必要】
 
以下、私の印象に残ったレポートの内容を列記してみる。
 
■プーチン大統領が、24年ぶりに北朝鮮を訪問したらしい(私はニュースを視ないが、表のニュースにもなっているのかも?)
 
 ●そこで、日米安保条約的な相互防衛条約(どちらかが他国から攻められた場合、軍事力を含め、お互いが助け合うと言う、包括的な同盟国相当の条約)を締結した。
 
  北朝鮮は、既に、ウクライナからのロシア攻撃に対して、ロシアの年間製造砲弾数(300万発)よりも多い、500万発の砲弾をロシアに送っているそうである。
  (因みに、米欧がウクライナに送っている砲弾は、年間120万発)
 
 (※)実は、支那(習近平)も、北朝鮮に対しては、陰で経済支援をしているそうである。
 
  これは、昔から私が聞いている話であるが、日本のパチンコ業界で儲けたお金は、北朝鮮に流れているらしい。
  そもそも、北朝鮮を創ったのは日本(國體)であるらしいし、だから、日本皇室(梨本宮家)と朝鮮李王朝の両方の血を引く(横田早紀江さんの娘)横田めぐみさんを、
  表向きは「拉致」と言う形にして、北朝鮮に送り、同じく、日本の血を引く金生日(キムジョンイル)さんと結婚させて、二人の間に生まれたのが、
  金正恩(キムジョンウン)さんなのだから。(横田めぐみさんは、北朝鮮の国母)
 
 ●ロシアと北朝鮮が軍事条約を締結した事で、米韓は、軍事力では、北朝鮮を倒せなくなった。
 
 ●国連安保理での北朝鮮への経済制裁決議にも、ロシアは反対し、「拒否権」を発動して、経済制裁決議案を潰した。
 
  つまり、ロシアは、米国主導の「北朝鮮制裁案」を真っ向から否定し、軍事・鉱業などの各種産業や、食料支援など、多方面での経済協力を強化している。
  そのお陰で、支那や非米諸国は、北朝鮮との貿易を拡大し易くなった。
  ➪世界経済に占める非米側の規模が、米国側の規模を逆転していってる。
 
 ●南北朝鮮の和解について
 
  米国には、朝鮮半島の南北和解の考えは無し。
  一方、田中宇さんの「プーチンさんに対する読み」では、
   ▶北朝鮮と同盟を結ぶ事で、戦争や制裁では朝鮮半島問題を解決出来ない状態にし、
   ▶交渉相手である韓国を、米国から引き離して、非米側に転向させる作戦の様に見える。
    ➪非米側に転じれば、中露の仲裁が期待できるので、韓国は北朝鮮と和解が実現可能。(これは、習近平の望む所でもある)
  韓国は、米国側にいる限り、北朝鮮との和解は許されない。(米国の言われるままに、北敵視を続けるしかない)
 
  韓国が非米側に移るためには、在韓米軍の撤退が必要。
  ➪トランプさんが次期大統領になれば、「日韓の安保タダ乗り論」を展開して、米国側から在韓米軍、在日米軍の撤退を言い出してくれるかも。
 
とまぁ、こんな内容である。
プーチン、習近平、トランプ、三人とも、実は國體勢力側の人間だと、落合莞爾先生から伺っているので、田中宇さんの話は、妙に現実味を帯びている様に思えてならない(笑)。
 
因みに、次期米国大統領選挙では、國體勢力が、トランプさんを大統領に据えるのが既定路線になっている筈だと、勝手に私は思っている。全く根拠は無いが。
ついでに言えば、前回、トランプさんを(何らかの國體側の思惑があって)一旦落選させて、次期選挙で復活させるというシナリオであったのだろう事も、これまた何の根拠も無いが、私は確信している(笑)。
 

【國體】世界國體天皇 堀川辰吉郎(その一)


【國體】世界國體天皇 堀川辰吉郎(その一)
2024年6月17日(月) 晴れ
 
末尾の記事「【國體】世界國體天皇 堀川辰吉郎(その一)」は、私の別ブログからの転載である。
 
國體ワンワールド史観については、まだまだ、ほんの一部の方々にしか理解されていないと思うが、フィクションでは無く、真実の歴史(地球史)である。
末尾の記事も、國體ワンワールド史観に関係する記事であり、書かれている内容は全て真実である。
 
大きな世界の流れとして、第二次大戦後、米国が世界をリードして来た事は確かであるが、今現在の流れを見ると、中ソを中核としたBRICS側に求心力が移っているのは確かであり、米英側の力が弱まって来ているのは歴然である(日本のマスメディア(偏向報道)しか見てない方々には、ピンと来ていないかもしれないが)。
米国が近い将来、国家破産するという話も、ネットなどでは前々から出ていると思うが、これも間違い無いと私は思っている。
そして、これらの流れは、全て、國體勢力(以降、単に國體と表現する)側のシナリオ通りの展開だと私は捉えている。
 
今朝のニュース(自民党内からの岸田総理への退陣要求の話)で、岸田政権の終焉に向かいそうな話が出ていたが、これも、國體の既定路線どおりに進んでいるのだろうと私は感じている。國體の計画に沿って、皆さん(國體側の方々、党の枠を越えて)、各自の役回りどおりに動いているのだろうと思う。
自民党は、國體スケジュールに沿った戦後の日米関係を遂行するための受け皿として準備された政党なんだろうと私は思っており、そうなると、近い将来、國體の計画どおりに米国が国家破産するのに対応して、自民党も「お役目ご苦労さん」と言う事で、解体されるんだろうと思ったりもしている。
旧ソ連が解体されてロシアとその他の国々に分解されたのも、その後、米国がウクライナに「ちょっかい」を出して、ロシアとウクライナがぶつかる様に仕向け、ロシアが、欧州への石油・天然ガス輸出を滞らせ、その結果、欧州が困ってしまい、対ロ制裁を要求した米国を恨んで、米国離れがジワジワと進み、サウジアラビアを中心とした中東も親米から親ロに移行し始めて、最後に、日本の対米姿勢がどうなるのかは見えないが、とにかく、國體のシナリオどおりに世界が進んでいるのだろうと私は思っている。
 
以下、他ブログからの転載記事である。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【國體】世界國體天皇 堀川辰吉郎(その一)
初稿:2021年7月15日(木) くもり、時々、晴れ
更新:2022年5月29日(日)
 
ネットを眺めていたら、面白い動画を見つけた。戦略思想研究所)中森護代表が語る動画である。以下。
 
 満州国と天皇家の隠されたつながり|中森護
www.youtube.com
 
この動画の中に出て来る人物、「満州国の建国を決めたのはこの人だ」と中森さんが言われている人物、それが堀川辰吉郎(下の写真)である。
 
堀川辰吉郎
 
落合莞爾先生國體ワンワールド史観に関わりを持っている人なら、堀川辰吉郎の事は多分知っていると思うが、表の歴史しか知らない殆どの日本人にとっては聞いた事がない名前だろうと思う。Wikipediaを見ても、ペテン師扱いされているくらいの存在なのだから。
 
しかしながら、中矢伸一氏の著書「日本を動かした大霊脈」には、國體関連の話こそ出て来ないものの、偉大な実績を残された真実の堀川辰吉郎像が描かれていると思う。
 
上に挙げたWikipediaには、『明治天皇の落胤とする風説と書かれているが、確かに風説であり、堀川辰吉郎は明治天皇の落胤では無い。堀川辰吉郎自身も、自分を「明治天皇のご落胤」だとは決して発言していない。それが真実だからである。
 
堀川辰吉郎の娘である国際政治評論家の中丸薫さんが、「自分の父・堀川辰吉郎は明治天皇の子だ」と言われているそうであるが、どうやら中丸薫さんご自身も真実をご存じないらしいのである。但し、中丸薫さん自身が ご存じない真実とは、父親である堀川辰吉郎の事ではなく、堀川辰吉郎の父親と言われている明治天皇の方の真実である。
 
実は、122代 明治天皇自身が、表向きの歴史で言われている『121代 孝明天皇の皇子・睦仁親王』では無いのである。そして、堀川辰吉郎は、本物の睦仁親王の皇子なのである。だから堀川辰吉郎は明治天皇の皇子では無いのである。
この事(睦仁親王≠明治天皇)を中丸薫さんは知らないらしいのである。だから、自分の父親は睦仁親王の皇子なのに明治天皇の皇子だと勘違いしている訳である。
 
中丸薫夫妻(夫は、俳優だった故・中丸忠さん)は、和歌山の落合莞爾先生宅に泊まった事もあるそうであるが、落合先生が、そういう話(薫ちゃんは明治天皇≠睦仁親王だと知らなさそうという話)をされていた。
 
因みに、122代 明治天皇は、即位前は周防・田布施の地(現在の山口県熊毛郡田布施町辺り)で奇兵隊の一員であった大室寅之祐(おおむろとらのすけ)という人なのである。正しくは大室寅助(おおむろとらすけ)と言うらしいが。
この大室寅助も、実は、正統な皇位継承権者だったのである。
 
【補足1】
ここで、日本の天皇について少し説明しておく。古来より、天皇(当時は「天皇」という呼び方は未だ無かったが、ここでは説明のために敢えて「天皇」という言葉を使う)は、国内統治(行政、軍事)を担当する天皇と、民族・文化・風土・宗教など国としての在るべき姿(國體)の護持+「國體黄金ファンド」の管理運用を担当する天皇の二人が分業していたらしい。落合莞爾先生は、便宜的に、前者を政体天皇、後者を國體天皇と名付けた。
初代 神武天皇(イハレ彦)の時はそうでなかったが、二代目になると、イハレ彦の第一皇子(神八井耳命かむやついみみのみこと)が國體天皇、第三皇子(かむぬなかわみみのみこと、2代 綏靖(すいぜい)天皇)が政体天皇を担当したそうである。
 
明治維新後の天皇は、國體天皇が本物の睦仁親王であり、政体天皇(122代 明治天皇)が大室寅助であった。二人は、即位前の一時期、京都堀川御所(京都堀川にあった水戸家の菩提寺・本圀寺(ほんごくじ)の境内に、徳川斉昭によって秘密裡に造営された國體天皇用の御所)にて、偽装崩御された121代 孝明天皇と共に過ごし、帝王学を学ばれたとか。そして、二人は同じ日(明治4年11月)に皇居にて大嘗祭を挙行しているので、皇室サイドとしては、実は二人とも正式な天皇なのである。
  
現在も続いている皇室の皇位継承権のルールは、1330年代の南北朝時代に、96代 後醍醐天皇が護持僧の醍醐寺文観とともに策定したものである。具体的には、
  
「後醍醐天皇の皇子である大塔宮(おおとうのみや)護良(もりなが)親王の直系男系子孫【補足2】のみが皇位継承権を持つ」
 
と言うルールである。
そして、このルールは、明徳の和約による南北朝合一のあとの102代 後花園天皇(1428年~)から施行され、今上天皇(126代)に至るまで続いている。さらにこのルールは、表向きの天皇(政体天皇)だけではなく、裏の天皇(國體天皇)にも適用されている。
 
【2022/5/29追記】
大塔宮護良親王に関する新情報を追記する。情報源は、落合莞爾先生の門弟筋に当たる鍋島直亮さんの書籍・「真相追究・公武政略と武士」である。
96代)後醍醐天皇の時代(1300年代)において、過去(BC3800頃)にメソポタミアの地から東西に分かれたウバイド人(天皇家のルーツ)のうちの東西王室(スコットランド王室(ケルト系)、日本皇室)の血統の交流があったそうである。スコットランド王室に血統的な危機があったのも理由の一つらしい。
血統の交流について、具体的には、スコットランド王アレクサンダー三世が全ての子に先立たれた後、44歳で亡くなったため跡継ぎを探す事になり、父に先立って亡くなっていた娘のマーガレット王女が、生前に、嫁ぎ先のノルウェー王エイリーク二世との間に王女(母親と同名のマーガレット王女)を産んでいたので、そのマーガレット王女(アレクサンダー三世の孫)をスコットランドに呼び寄せる事になったらしい。
ところが、その孫娘であるマーガレットが、ノルウェーからスコトランドに渡る際に、海が荒れたために船酔いとなり、スコットランドに着いた時には既に亡くなってしまったらしい(表の歴史の記録上は)。
このスコットランド王アレクサンダー三世の孫娘マーガレットの死について、実は、東西ウバイド王室の血統統合を実現するための偽装死だった事を、鍋島直亮さんが突きとめたそうである。
結論を言うと、大塔宮護良親王は、後醍醐天皇とスコットランド王アレクサンダー三世の孫娘マーガレットとの間に産まれた皇子であり、日本皇室とスコットランド王室(ケルト系)の両方の血統を受け継ぐ皇子だったのである。以降、血統だけではなく、東西ウバイドが各々で蓄積管理して来たウバイド國體黄金もここに統合管理された様である。
その後、護良親王の皇子達が、日本皇室と欧州王室の両方の血統を継いで行く事になる。護良親王の皇子達が欧州王室(ベルギー、オランダ、ハプスブルク)に入って行く話は、【補足2】を参照。
【2022/5/29追記(終わり)】
 
國體天皇と政体天皇の各在位期間は別々だが、堀川辰吉郎が睦仁親王から引き継いで國體天皇だった期間は、政体天皇が123代 大正天皇~124代 昭和天皇の時代だったと思う。
更に、堀川辰吉郎は第二次世界大戦当時には日本を離れて、世界國體天皇としてハプスブルク家に入っていたそうである。
 
因みに、ここで言う皇位継承権ルールは、皇室内のルールであり、日本が公議政体となった明治以降の大日本帝国憲法や日本国憲法(現在)での「天皇」の規定とは関係ないし、日本国政体側(日本政府、日本国民)が口を挟む事でもない。
皇族の方々には日本国籍はなく、従って、日本の憲法や法律は皇族には適用されないため、天皇の日本国との関わり方を「象徴」という形で日本国憲法で規定し、皇族の方々の日本国での各種規定(法律相当)を皇室典範や皇室向けの法律で規定しているものと私は理解している。
 
【補足2】
護良親王の「直系男系子孫」とは、自分の父親、その父親、そのまた父親、・・・というふうに、父親を過去に辿って行けば護良親王に辿り着く子孫と言う意味である。皇位継承権を持つ子孫自身の性別は問わない。現に、江戸時代には女性天皇もいた。ただし、女性天皇の皇子は、父親も護良親王の直系男系子孫である場合(即ち、護良親王の直系男系子孫同士の男女が結婚した場合)を除き、護良親王の直系男系子孫では無くなるから皇位継承権は無い。
秋篠宮文仁親王の内親王である眞子様、佳子様も、護良親王の直系男系子孫であるから、政体の法律(皇室典範)上はともかく、皇室内の皇位継承権ルール上は、お二人とも皇位継承権を持つのである。
なお、今上陛下の内親王である敬宮(としのみや)愛子内親王は、眞子様、佳子様とはちょっと事情が異なるらしく(ちょっと、ここでは書けない)、皇位継承権は、・・・。
因みに、中丸薫さんの父親は堀川辰吉郎、その父親は睦仁親王と続き、最後に護良親王まで辿り着くし、落合莞爾先生(本名:井口莞爾)も、父親、その父親と辿って行くと、二代目・井口左近に辿り着く。二代目・井口左近の父親は護良親王であるから、結局、落合莞爾先生と中丸薫さんは、共に護良親王を起点とする直系男系子孫であり、皇室内ルールとしての皇位継承権があると言う事である。勿論、お二人は遠い親戚という事である(笑)。
 
話を大室寅助に戻すが、大塔宮護良親王の第一皇子であり、父・護良親王の命により周防国に派遣されていたのが興良(おきよし)親王であるが、明治天皇となった大室寅助は、興良親王の直系男系子孫なので、皇位継承権があったのである。
 
それから、睦仁親王については、これまで121代)孝明天皇の皇子とされて来たが、つい数ヶ月前に、落合莞爾先生が、そうでは無かったと訂正された。孝明天皇には皇子がいなかった事が分かったそうなのである。
 
実は、118代)後桃園天皇に皇子がいなかった事から、皇位継承者として、閑院宮系(師仁もろひと親王)と伏見宮系(貞敬さだゆき親王)の両候補のうち、閑院宮師仁親王を選んだが、その際に、閑院宮血統の天皇は3代までと言う話が付いていたらしいのである。
これは私の推測であるが、閑院宮師仁親王(光格天皇)の父親である閑院宮典仁(すけひと)親王は、ベルギー王室の血統であり、ベルギーから日本に渡ってこられて閑院宮家の籍に入られた方なので、後桃園天皇の後継天皇を決める際に、ベルギー王室血統の天皇は以降の3代までと予め条件を付けていたのではないかと思う。
そして、119代)光格天皇(師仁親王)、120代)仁孝天皇、121代)孝明天皇と、閑院宮血統(ベルギー王室血統)の天皇が3代続いたので、孝明天皇に皇子がいてもいなくても、閑院宮血統(ベルギー王室血統)の天皇は孝明天皇までだった様である。結果的には、孝明天皇の後は、大室系血統の122代)明治天皇、123代)大正天皇と続いている。
124代)昭和天皇は、再び欧州大塔宮(ベルギー王室)血統である。大室血統の天皇は2代までと決められていたそうなので、大正天皇の後は、ベルギー王室血統の昭和天皇が即位したのだと思う。多分、この時期には、既に皇室血統バンク(前天皇の直系血筋が途絶えた場合の傍流血統をスペアとするもの)をベルギー王室血統に移行したのではないかと思う。現在は、皇室血統バンクはベルギー王室血統に一本化したと言う話を伺っている。
120代)仁孝天皇と、121代)孝明天皇は、共に偽装崩御した後に血統的故郷であるベルギーに戻られたそうであるが、そのどちらかの直系子孫(孫か曾孫あたり?)が裕仁親王(昭和天皇)だそうである。更に、昭和天皇と良子皇后の第一皇子(誕生は秘匿されているが、現上皇様の兄上)は生後すぐにベルギーに移られたそうだし、秋篠宮家の悠仁ひさひと親王も実はベルギー生まれで、ベルギーから来られたそうである。
 
補足しておくが、欧州大塔宮血統(ベルギー王室、オランダ王室)、ハプスブルク家血統も、大塔宮護良親王の直系男系子孫の血統であるから、皇位継承権がある。
当時の経緯を簡単に説明すると、後醍醐天皇の第一皇子・大塔宮護良親王は、表の歴史上は、中先代の乱の最中に鎌倉幕府に幽閉され、混乱の中、足利直義の命を受けた淵野辺義博により殺害された事になっているが、実は殺害されていない。淵野辺義博の手引きにより鎌倉の浜から小舟で対岸の房総半島に逃げ、陸路で奈良・西大寺に入っている。
幕府幽閉の前に紀伊・調月荘にて井口左近の娘との間に出来た男子が3人いたが、1番目が北朝)光厳上皇の皇子として皇籍に入った興仁親王(後の北朝3代 崇光天皇)、2番目が母方の祖父の名前を嗣いで2代目井口左近となった男子(落合莞爾先生の先祖)、3番目の男子が渡欧し、その孫か曾孫に当たる男子がハプスブルク家に入り、フリードリヒ三世となっている。偽装殺害のあと奈良・西大寺に入ってからの子供は、当然、表の歴史には残っていないが、その中の皇子、皇孫達が欧州アルザスに渡り、その後、ベルギー王室、オランダ王室に入っている。
従って、ハプスブルク家、ベルギー、オランダにも、護良親王の直系男系子孫が現存している訳である。
 
話を近代の日本に戻すが、実は、大正天皇には皇子は一人も生まれなかったそうであり、表向きの4人の皇子は大正天皇の実子では無いそうである。昭和天皇は欧州大塔宮(ベルギー王室)血統、高松宮宣仁親王の父親は國體天皇・堀川辰吉郎である。秩父宮雍仁親王三笠宮崇仁親王の父親は何方かを伺っていないので私は知らない。
高松宮様が父・堀川辰吉郎を嗣いで國體天皇となられ、薨去後に妃殿下だった喜久子妃が代理を務められたあと、現在は新しい國體天皇の代になっているとの事。何方かは秘中の秘である。
落合莞爾先生が、皇室の真実の歴史を研究する事になったキッカケは、國體天皇代理であった喜久子妃殿下の時に、同じく護良親王の直系男系子孫だった落合先生に白羽の矢が立ち、以降、皇室からのジグゾーパズルのピース的な断片情報を伝授して貰いつつ、落合先生独自の調査・研究・洞察を続けて、真実の歴史を解明され続けている訳である。決して、答えを直接伝授される事はなく、落合先生がパズルを解いた結果(洞察結果)を持って國體天皇に仕える舎人経由で國體天皇にお伺いを立てた時に、「OK、NG」の意志表示がなされるらしい。
 
【2022/5/29追記】
落合莞爾先生の最新刊「京都皇統と東京皇室の極秘関係」において明かされているが、茶道裏千家の15代 千宗室(千玄室)さんは、堀川辰吉郎の孫(高松宮宣仁親王の甥、山本静山尼(圓照寺10代門跡)の子)だそうである。
【2022/5/29追記(終わり)】
 
話を睦仁親王の父親が誰かに戻すが、上の話のとおり閑院宮血統は3代で終わりなので、孝明天皇の表向きの皇子とされていた睦仁親王は、同じく皇位継承権を持つもう一つの血統である永世親王家伏見宮の血統ではないかと言うのが、落合莞爾先生の洞察である。
 
話を一番初めの堀川辰吉郎に戻す。
 
少し内容が増えてしまったため、堀川辰吉郎の國體天皇としての実績については、色々と調べてから(その二)で書くこととし、(その一)では、上に書いた書籍に出て来る表向きの堀川辰吉郎のエピソードを書くことにする。
 
彼は、子供の頃に、福岡の玄洋社)頭山満に預けられ、福岡の街で育ったらしい。とにかく、豪快・破天荒な性格であったらしく、子供の喧嘩に口を出したヤクザの親分宅に放火すると言った具合である。
 
上に書いた書籍の中から、彼に関する話を以下に幾つか列記するが、まさに世界國體天皇と言える程の器だった事が窺える。
 
●少年時代は福岡で過ごしたが、悪さを繰り返すたびに転校するものの、転校先が尽きてしまい、やむなく東京の学習院に転校。そこでも、当時の学習院長だった田中光顕の手を焼かせる存在だった。戸籍上は、井上馨伯の血を受けて生まれた事になっている。
 
【訂正】2021/10/8
当時の学習院長は、乃木希典と書いていたが、田中光顕(伯爵)の誤りだった。
「洞察帝王学講座・改2681」の10月号にて、落合莞爾先生より誤り指摘があった。参考文献「日本を動かした大霊脈」の著者である中矢伸一氏の間違いである事を落合先生が指摘された。乃木希典が学習院長だった時代と、堀川辰吉郎の在学時代は10年ほどのズレがあるそうであり、著者のウラ取りが杜撰だと落合先生が言われていた。
 
●支那の孫文の片腕として、孫文と共に戦火をくぐり抜け、支那の革命成功のために命を張って奔走。
●奉天の世界紅卍字会の名誉会長に推挙され、日本の軍閥と争いながら、日中の架け橋となって平和運動に尽くした。大本教の出口王仁三郎とも深い繋がり。
蒋介石鳩山一郎首相とも親交
●終戦直後、GHQに逮捕されるが、取り調べは途中で立ち消えとなり、GHQ側の丁重な詫びとともに釈放された
●世界各国を周遊し、各国の支配者等と親交を結ぶ。支那では毛沢東、劉少奇、宋慶齢(孫文の未亡人)、朱徳。台湾の蒋介石、米国のルーズベルト大統領、同夫人(夫人とは年来の親友)、英国のジョージ五世、チャーチル首相、ソ連のスタ-リン首相、インドのプラサド大統領、ネール首相、
●国内では、高松宮宣仁親王(実は、堀川辰吉郎の実子)、三笠宮、久邇宮朝融王(香淳皇后の兄)、鳩山一郎、吉田茂、岸信介、大野伴睦と親交。
●皇居には、いつでもフリーパス(宮内庁事務官の証言)
●放浪生活数十年の間に、世界各国で50人に近い妻を娶り、大勢の子供を作った。
●彼の正妻は九州の炭鉱王・貝島太助の姪。息子達の多くは各国で一流の経営者。娘達の嫁ぎ先は、富士製鉄社長・永野重雄の長男、支那財閥・張群の長男など。
●張作霖と親交、息子の張学良とは兄弟の契りを交わした。(実は、張学良は張作霖の実子で無いらしい。落合先生談)
●戦後の昭和25年、尾崎咢堂(行雄)翁の依嘱を受けてジュネーブの世界平和連邦会議に出席、堀川辰吉郎の演説が圧倒的人気を得て、「サムライ・ホリカワ」の異名を轟かせた。以下は、演説の内容。(書籍より引用)
~引用開始~
「私の叫ぶ世界平和は、皆さんと違って真実だ」
 
会場をうずめる各国代表をみまわしながら、辰吉郎は、声高らかにこう叫ぶ。
 
「なぜなら、私は世界中の多くの女性と関係した。そのため私の落し胤が、中共にもソ連にも、そしてアメリカにもフランスにも、その他二つの対立する世界の両側の至るところに、すくすくと成長しているのだ。・・・・・だからもし、二つの対立の緊張が破れて、世界各国が相争う時は、私の血が互いに殺し合わなければならない。
故に私の平和への願いは、人類の血をかけた願いなのだ。いわば人類の声だ。そのためにも、人類は一つでなくてはならないのだ。」
 
唖然とした表情で聞いていた聴衆は、一瞬の静寂の後、湧きかえるような拍手と歓声を辰吉郎に送ったという。

~引用終了~
 
●辰吉郎の娘の一人・芳子は、終戦時に双子の姉妹を抱いてマカオを脱出し帰国して辰吉郎のもとに戻ったが、その後、来日中のカーペンター博士と知り合い結婚。ところが、家族で米国に渡る際に、前夫の双子の娘達の入国許可が当時の移民法に抵触して認められないという問題が発生。この親子の生き別れの話が米国政財界の上層部に伝わり、ルーズベルト元大統領の夫人が陣頭に立って「非人道的な移民法は廃止せよ」と運動開始し、その二年後に目出度く移民法改正案が成立して、引き離されていた双子の娘達が日米養子縁組の適用第一号となり、米国に迎え入れられた。