六曜とは


六曜とは
2015年12月26日(土) 晴れ
 
六曜が書かれたカレンダーが、大分で配布中止になったというニュース(以下)を見つけた。
六曜は、差別に繋がると言う事らしい。
 
 大安、仏滅…六曜「差別につながる」 カレンダー配布中止、大分 ※記事は削除されている。
 
何の事やらサッパリ分からないので、取り敢えず、六曜について、調べた結果を以下に示す。(出典:Wikipedia)
 
【起源】
六曜は、中国で生まれたとされる。
ただし、「いつの時代から、暦として確立されたか」については、全く不詳である。
孔明六曜星とも呼ばれ、諸葛亮が発案し、六曜を用いて、軍略を立てていたとの俗説があるが、「三国時代から六曜があった」というのは疑わしく、「後世のこじつけである」とするのが定説となっている。
 
また一説には、唐の李淳風の作であるとも言うが、これも、真偽不詳である。
 
六曜は、
  先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口
の順で繰り返すが、旧暦の毎月1日の六曜は、以下のように固定されている。
閏月は、前の月と同じになる。
 

1日(月初日)の六曜
1月、7月 先勝
2月、8月 友引
3月、9月 先負
4月、10月 仏滅
5月、11月 大安
6月、12月 赤口

 
【意味】

六曜  読み 意味
先勝 せんしょう、せんかち、さきがち、さきかち 「先んずれば即ち勝つ」の意味。万事に急ぐことが良いとされる。
「午前中は吉、午後二時より六時までは凶」と言われる。
友引 ともびき 凶事に友を引く」の意味。
「朝は吉、昼は凶、夕は大吉。ただし葬式を忌む」と言われる。
先負 せんぶ、せんぷ、せんまけ、さきまけ 先んずれば即ち負ける」の意味。
万事に平静であることが良いとされ、勝負事や急用は避けるべきとされる。「午前中は凶、午後は吉」。
仏滅 ぶつめつ 「仏も滅するような大凶日」の意味。
婚礼などの祝儀を忌む習慣.「何事も遠慮する日、病めば長引く、仏事はよろしい」
大安 たいあん、だいあん 何事においても吉、成功しないことはない日
赤口 しゃっこう、しゃっく、じゃっく、じゃっこう、せきぐち 午の刻(午前11時ごろから午後1時ごろまで)のみ吉で、それ以外は凶。
万事に用いない悪日、ただし法事、正午だけは良い」