親バカな話題です。


親バカな話題です。
2015年12月16日(水) 晴れ
 
長男が、2014年6月一杯で、3年余りを勤めた富士通エフサス(営業部門)を退職し、新天地であるプルデンシャル生命保険に転職して1年半。
その息子が、このたび、MDRT(Million Dollar Round Table)と言う、”卓越した生命保険と金融サービスの専門家による国際的かつ独立した組織”への加入が認められ、2016年度のMDRT会員となることが決まった。
 
聞くところによると、例年、業界のトップ1%に入る様な、成績の優秀な方々が加入資格を得て、会員になるそうである。
 
加入者は、毎年、世界のどこかに結集して、国際会議に参加するらしく、2016年度の国際会議は、カナダのバンクーバーだそうである。
 
MDRTの資格期間は、僅か1年。毎年リセットされると言う超厳しい資格なので、この資格を毎年保持し続けるのは、至難の業である。
「鳶が鷹を生む」とは良く言ったものだが、この凡人の私から生まれた息子が、栄えある資格を獲得するからには、並々ならぬ努力をしたんだと思う。
「本当に良く頑張った」と褒めてやりたい。
 
と言うことで、今夜は、鼻高々で ほろ酔い気分の父でした(笑)。