御用学者


御用学者
2015年11月25日(水) 雨
 
本当に、どうしようもない方々ですなあ。
 
昔、会社で車通勤従業員向けの交通安全集会があったのだが、ゲストで来られていた、沼津警察署交通課の警察官の方が、多分冗談で言われたのだと思うが、こんな話をされた。
  「交差点での一番理想的な道路状況とは、どんな状況だと思いますか?」
と。
殆どの人は、
  「それは、渋滞や事故がなく、スムーズに車が流れる状況」
だと考えると思うのだが、その警察官が説明した正解は、
  「それは、車が1台も走っていない交差点です。」
であった。
 
三橋貴明さんが問題にしている御用学者の姿勢&財務省の姿勢は、まさに、コレと同じである。
  「如何にして、国民のための生活保障制度を、ベストな状態にしていくか」
と言う発想ではなく、
  「如何にして、金を使わない生活保障制度にしていくか」
である。
その究極は、生活保障制度の全廃(車が1台も走っていない状態)であることは間違いない。
 
こういう発想で、経済(=経世済民=世を經(おさ)め、民を濟(すく)う)政策を進めていると、発展途上国、原始時代に逆戻りするのは、必定である。