人形町散策

人形町散策

2010年06月12日(土) 晴

 本日は久しぶりの東京ウォーキング。今TBSで放映されているドラマ「新参者」の舞台となっている人形町を歩くことにした。

 杉並区に住む息子が、1年間の就活を終え旅行をするから車を貸してくれと言うので、車を運ぶことを兼ねて、本日は、車で東京に行く事にした。今回のために自動車保険の契約を変更し、運転者条件を21歳まで下げたと言うのだから、我ながら親バカと言うほかはない。

 9時に三島の自宅を出発し、東名高速、環八と乗り継いで杉並区の宮前へ。息子に指定されたコインパーキングに車を入れ、JR荻窪駅まで歩く。それにしても今日はとても暑い。路上の温度は30度を越えているのかもしれない。


「善福寺川(忍川上橋より)」 (2010.06.12撮影) 東京都杉並区荻窪


 荻窪駅から地下鉄丸の内線に乗り込み、赤坂見附で銀座線に乗り換え「三越前」で下車。ここから人形町まで1キロ足らずの道のりである。本日のランチは既に決めてある。以前、東京23区の旅(中央区)で人形町を歩いた際に、行列が出来ている店が気になっていたのである。その名は「玉ひで」。親子丼の発祥の地(店)とか。事前にインターネットで調べたとこと、ランチの受付は、11:30〜13:00の間に並んだ人と書かれていたのだが、時計を見ると12:30を過ぎていたので早足に切り替えて甘酒横丁を目指す。12:50、現地に到着したところ、100人はいようかという長蛇の列が出来ていた。いつものことなのか、ドラマ「新参者」の影響で客が増えたのかは知らないが、とにかく凄い行列である。その上、偶然であるが、行列の横には、「新参者」の撮影スタッフ陣が道の一角を占領して機材のTVモニタを見ている。どうやら、新参者の撮影が、まさに進行中だったらしい。モニタの前に偉そうに座っている坊主頭の人が、首から提げているマイクに向かって何か指示を出したり、「カット」と言ったりしている。もしかしたら監督なのかもしれない。そのうち「外に出る」という声がスタッフの間で伝えられたかと思ったら、何と主役の阿部チャン(阿部寛さん)が数件先の店から歩道に出てこちらに向かってきたのである。背が高くて刑事姿の黒いスーツを来た阿部チャンは、実にカッコ良かった。慌ててシャッターを切ったが、沢山の人出であり、スタッフが「撮影はご遠慮ください」と言って壁になるので、残念ながら上手くレンズに収めることは出来なかった。


「親子丼を待つ長蛇の列」 (2010.06.12撮影) 東京都中央区日本橋人形町


「親子丼発祥の店『玉ひで』」 (2010.06.12撮影) 東京都中央区日本橋人形町


「新参者の最終回に出てくる手ぬぐい屋」 (2010.06.12撮影) 東京都中央区日本橋人形町


「ドラマ新参者の撮影スタッフ陣」 (2010.06.12撮影) 東京都中央区日本橋人形町


「新参者主役の阿部寛さん」 (2010.06.12撮影) 東京都中央区日本橋人形町


 ようやく順番が来て店内に入る。昼の部終了間際だったので、通された個室には、その後入ってくる客は無く、カミサンと二人だけの独占状態であった。メニューは、「元祖親子丼(1500円)」、「特上親子丼(1700円)」、「匠親子丼(1900)」の3種類であったが、せっかく並んだのだし、400円の差しかないので、匠親子丼にした。親子丼の鶏肉は軍鶏(シャモ)なので歯ごたえがあって美味しい。また、特上親子丼より上は烏骨鶏の黄身が乗っており、さらに、匠親子丼には炙ったササミが乗っている。このササミが、表面は焼き目が付いていて中は生肉と言うことでとても柔らかくて美味しかった。


「玉ひで 匠親子丼」 (2010.06.12撮影) 東京都中央区日本橋人形町


 ランチのあとは、新参者のドラマの中で出てくる鯛焼き屋に向かう。こちらも長蛇の列である。30分ほど並んで鯛焼きをゲット。夫婦で食べる分の2個と息子のバイト先に差し入れる10個、それに小倉アイス最中を1個買い求める。近くにある水天宮で一息入れ、鯛焼きの味を楽しむ。薄皮の鯛焼きであり、つぶ餡もなかなかの味であった。
(後日調べたところ、ドラマに出て来る鯛焼き屋は実在しない撮影セットの店とか。ここ柳屋さんはドラマとは関係ないけど、元々、たい焼き屋として有名な店らしい)


「甘酒横丁」 (2010.06.12撮影) 東京都中央区日本橋人形町


「鯛焼きの柳屋の行列」 (2010.06.12撮影) 東京都中央区日本橋人形町


「鯛焼き風景」 (2010.06.12撮影) 東京都中央区日本橋人形町


「人形焼きの店も行列(重盛永信堂)」 (2010.06.12撮影) 東京都中央区日本橋蛎殻町


「水天宮」 (2010.06.12撮影) 東京都中央区日本橋蛎殻町


「水天宮本殿」 (2010.06.12撮影) 東京都中央区日本橋蛎殻町


「水天宮の犬」 (2010.06.12撮影) 東京都中央区日本橋蛎殻町


 人形町から地下鉄日比谷線に乗り、本日二つめの訪問地である「かっぱ橋道具街」へ。入谷で地下鉄を降りて10分ほど歩くと、かっぱ橋道具街である。カミサンがテレビで見て欲しがっていた油入れの容器と、小麦粉の容器を探すのが本日の目的である。なかなか見つけるのは大変だろうと思っていたのだが、すぐに見つかった。油容器は細長い容器の口に別売の口金を付けるタイプであり、油を注いだ時に跡を引かない造りになっている。また、小麦粉の容器も次の店の店頭で発見。こちらは、ラーメン屋さんのテーブルにおいてある胡椒の容器を一回り大きくした様な造りであり、振って小麦粉を出す容器である。 予想以上に早く捜し物が見つかったので、かっぱ橋道具街を切り上げて息子のバイト先である新宿に向かう事に。最寄りの駅は、つくばエクスプレスの浅草駅。初めて乗る路線である。また、思いもしていなかったのだが、駅に向かう途中、正面に建設中の東京スカイツリー(新東京タワー)が聳えているのを見ることが出来た。


「かっぱ橋道具街」 (2010.06.12撮影) 東京都台東区松が谷/西浅草


「建設中の東京スカイツリーを望む」 (2010.06.12撮影) 東京都台東区西浅草


 新宿三丁目で地下鉄を降り、マルイアネックスの8階にあるイタリアン「TO THE HERBS」へ。息子のバイト先である。ここに来ると、いつもなら必ずワインを1〜2本空けるのだが、本日は親子丼に鯛焼きと続けて食べたので満腹状態であり、食事は取れそうにないため、飲み物だけを注文。ビールジョッキを飲み干した後、息子に車の鍵を渡し早々に店を出て来た。帰りは新幹線なので地下鉄で東京駅へ。

 本日のウォーキングは、歩く距離はそれほどでは無かったが、美味しい食事、人形町の雰囲気、思いがけない生の阿部チャンとの遭遇など、楽しい一日であった。