ピアノコンサート

ピアノコンサート

2009年10月26日(月) 雨

 今夜は、浜松在住の次男を除く家族4人でピアノコンサートに行く予定なのだが、台風の接近であいにく朝から雨が降っている。仕事の方は午後半休を取っており、お昼に東京駅でカミサン、娘と待ち合わせてランチを取ることにしている。長男は就活があるので遅れて合流するとのこと。

 午前の仕事を終え、JR京浜東北線で東京駅に向かう。待ち合わせ場所は、東京に疎いカミサンでも迷わないように、東京駅隣接の大丸の1階にあるケーキの店・キースマンハッタンの前にしてある。12:40、カミサン、娘と合流し食事処に移動。サラリーマンのランチ事情を見せておくのも良かろうと、東京駅一番街の2階にある「まぐろ茶屋 北の浜」に連れて行く。案の定、店内はサラリーマンでごった返していた。
 ランチのあと、7時からのコンサートまでにはたっぷり時間があるので、銀ブラでもしようかと言うことになり、JRで有楽町へ。まずは、駅に隣接するビックカメラに立ち寄った後、雨を避けて地下伝いに銀座方面へ。ソニープラザでブラブラしているところに長男からの連絡。就活が終わったので、これから合流するとのこと。4時前に銀座三越の1階で待ち合わせて長男と合流すると、昼食を取ってないと言うので、少し早いが夕食を取ることにし、「がんこ寿司」に入る。がんこ寿司は東京にチェーン店があるのは前から知っていたが、どうやら、旧東海道の旅の最終日に入った京都三条のがんこ寿司と同じチェーン店だったらしい。

 1時間ほど掛けてゆっくり夕食を取ったあと、カミサンが長男にコートを買ってやりたいと言うので三越に戻り紳士服の店を回る。カミサンはバーバリーが良いと言って奨めるのだが、長男は就活を気にしてか裏地が派手なのは駄目だと言う。そのくせ、出来ればシングルよりもダブルのトレンチコートが良いと言うのだから、まあ良く分からない。結局、有楽町駅前の丸井でシングルのコートを購入。新宿丸井のイタリアンでバイトしている長男は、丸井の社員割引を受けられるそうで、かなりの割引率で購入することができた。

 JRで御茶の水に移動し、雨の中を歩いてコンサート会場である日本大学カザルスホールへ。本日のコンサートは、クロアチア生まれのピアニストであるケマル・ゲキチ氏のリサイタルである。彼は、娘が高校時代に静岡に来たことがあり、その際に指導を受ける機会があったらしく、それ以来、カミサンと娘は彼の大ファンなのである。

 今回の曲目は、前半がショパンの舟歌、バラード1番〜4番を一気に弾き、後半は、リストのコンソレーションS.172より1番〜3番、それに、ソナタ ロ短調を、これも一気に弾いた。まあ、曲の解釈は弾き手によって色々あるとは聞いていたが、彼の演奏は、まるで別の曲を聴いているかの様に独特の解釈で演奏する。例えば、次はこの音が強く弾かれると予想しているところに、その音がグッと押さえたピアニッシモで弾かれたりするのである。演奏プログラム終了後のアンコールがまた凄かった。拍手喝采が鳴り止まず、結局、アンコールで6〜7曲を演奏してくれた。その中でも、「革命」は速さと言い迫力と言い素晴らしい演奏であった。ピアノに興味ある方は、一度、演奏を聴いてみてはいかがでしょうか。