【時事】世界の実情報告(ベンジャミン・フルフォードレポート 1月14日版)

【時事】世界の実情報告(ベンジャミン・フルフォードレポート 1月14日版)
2019年01月22日(火) 晴れ

今回のB.フルフォードさんのレポートは、国別に分けて世界の実情をまとめており、分かり易い。

レポートの情報は、殆ど全て、マスメディアが全く報道しない内容であり、これが世界の現実である。

だから、今どき、新聞、TVしか視聴しない国民は、実態が何も分かっていないと言うことである。

時々、つけているTVから報道が目に入る事があるが、未だに「ロシアゲート事件」とか、トランプ大統領が合衆国政府を閉鎖して国民生活を圧迫して困っている、民主党が早くトランプ大統領の悪政を正さねば、とか、頓珍漢なニュースを平気で流している。勿論、米国大手メディア(=フェイクニュースメディア)からのフェイクニュースの垂れ流しである。次元が低すぎると言うか何というか、情けない話である。
芸能界は芸能界で、NGT48問題で、芸能界の裏情報が暴露されつつあるし、朝堂院大覚さんが、「そんなもん、昔からの常識だ。今更、何を言うのか」的な解説をされて、中山美穂さん、松田聖子さんなんかの裏情報も暴露されているし・・・。

まあ、200年続いた裏世界による世界支配もようやく終わりを告げる時期に来た様であり、レポートにある様に、一度限りのリセット(ジュビリー(借金棒引き))と、ロスチャイルドが作った中央銀行制度(民間銀行が通貨発行権を握り、「無」から金を作って利子と債務不履行時の抵当取り上げるという詐欺的制度)の廃止⇒中央銀行の国有化(国家による通貨発行と税金廃止(GDP成長計画に応じた歳費+経済(実体経済+金融経済)向け必要マネーストック分の通貨発行)を実現する時期が来たと言うことであろう。

19/1/14 フルフォード情報英語版:革命が続行する中、最高裁判事も世界銀行総裁もロスチャイルドの更に一人も転落shanti-phula.net

NGT48山口真帆の襲撃騒動と芸能界の腐敗!「Z会」「芸能界の闇」【NET TV ニュース】国家非常事態対策委員会 朝堂院大覚・増山麗奈・菅原純里 2019/01/20www.youtube.com