静大祭 in 浜松

静大祭 in 浜松

2011年11月13日(日) 晴

 我々の学生時代には、大学側のこんな手厚いサービスは無かったのだが、大学の父兄会なるものが開かれると言うので、静岡大学浜松キャンパスに夫婦で行ってきた。折しもキャンパスでは学園祭「静大祭in浜松」が開催されており、大道芸サークルに属する次男のパフォーマンスも運良く見る事ができた。

 朝の7時半に車で三島の自宅を出発して東名高速で浜松へ。9時半に浜松のアパートに到着し、カミサンは早速、部屋の掃除を開始。相変わらず足の踏み場もないほどの部屋の荒れ方であるが、カミサン曰く、これまでの中では一番片付いている方だとか。2時間ほどで一通り掃除したあと静大の浜松キャンパスへ。アパートからは歩いて15分の距離である。父兄会の受付を済ませたあと、40分ほど時間があったので学園祭の様子を見に行ったところ、大道芸サークルのショーでちょうど息子のパフォーマンスが始まるところであった。
 模擬店の焼きそばと明石焼き(たこ焼き)でひとまずお腹を落ち着かせたあと、12時半から始まる父兄会会場へ。父兄会の内容は、主にこれから始まる就職活動の説明であった。長男の時は3年の夏頃から就職活動を始めた様だが、文系と理系ではやはり事情が異なるらしく、理系の方はこれから本格的に就職活動が始まるとのこと。
 父兄会が終了し、2時過ぎに浜松を出発して帰途に着く。途中、焼津の手前で追突事故が発生した影響で渋滞に巻き込まれたが、夕方の4時頃には自宅に帰還。例によって、夫婦でお疲れさんの乾杯。それにしても、昨日に続き東名高速からの富士山の眺めが最高であった。


1 浜松の息子のアパート


2 静岡大学浜松キャンパス


3 大道芸サークルのパフォーマンス会場



5 息子のパフォーマンス






10


11


12


13 練習風景


14 焼津の手前で追突事故発生


15 東名高速からの富士山の眺め