神代植物公園

神代植物公園

2011年06月19日(日) 曇

 本日は、高校時代の同窓会で調布にある神代植物公園に行ってきた。この同窓会のメンバは福岡の高校の同級生で、現在、関東に在住しているメンバである。だいたい年に2〜3回は集まる。今回は、今年初、昨年暮れ以来の半年ぶりの同窓会である。3月の東北大震災に仙台空港で直面したメンバの顔を見て、みんなで良かった良かったと一安心した次第である。

 昼過ぎにJR吉祥寺駅に集合し、バスで深大寺へ。私にとっては5年振り2回目の深大寺である。前回訪れた時はランチには時間が早過ぎて、名物の深大寺そばを食べることが出来なかったのだが、今回はちょうどお腹の空いた時刻だったので、湧き水で打ったと言う深大寺そばを「ざる」で戴いた。美味かった! それにしても、前回訪れた時は時間が早かったせいか深大寺の通りは閑散としていたのだが、今日は沢山の人出であり、そばの有名店の前には行列が出来ていた。
 ランチのあとは、深大寺から歩いて数分のところにある神代植物公園へ。しばし木々の間を散策して森林浴したあとバラ園へ。それにしても、一緒に行ったメンバは植物に詳しく、見ただけで木の名前がすぐに出てくるのには感心した。バラ園では、赤、橙、黄色と色とりどりのバラが咲いており、また、奥のハウス内には蓮の花や洋蘭が見事に咲いていた。

 植物園を散策したあとは、バスと京王線を乗り継いで仙川の街へ。ここには、指揮者の小澤征爾さんや斉藤記念オーケストラの面々を輩出した桐朋音大がある。今回の同窓会のコースを企画したT君は、昔この仙川に住んでいたそうであり、新しい道が出来てシャレタ店も増え、昔とは大きく変わったと懐かしがっていた。そのT君が読書をしに良く訪れたという武者小路実篤公園に立ち寄ったあと、仙川の商店街に戻って「OH!膳屋」という店で宴を楽しむ。次から次へと料理は出てくるし、飲み放題オプションを付けても一人5千円でお釣りが来る安さであり、なかなか良い店であった。

 仙川の店を出たのは夜の7時半頃であったが、京王線、JR中央線、新幹線と乗り継いで三島の自宅に戻って来た時には10時半であった。久しぶりに自然の中を歩き、楽しい一日であった。


深大寺前の通りは大賑わい


神代植物公園内の森林


芝生広場


バラ園


白い犬。京王線・調布駅に向かうバスの中より撮影


実篤公園内にある武者小路実篤像


仙川の「OH!膳屋」