続・東京23区の旅(2) 中野区

続・東京23区の旅(2) 中野区

2011年04月10日(日) 晴

 1週間延期したのを雨でさらに1日延期して、本日、東京23区の旅の2日目、中野区を歩いて来た。今回のテーマは「お花見」である。

 8:29発のこだまで三島を出発し、東京駅から中央線、総武線と乗り継いで10時前には本日の出発点である東中野に到着。結婚式場で有名な日本閣の横を通り抜けて神田川に出る。神田川沿いは、既に沢山の花見客で賑わっていた。金曜日の強風と昨日の雨で散ってしまったのではないかと心配していた桜は、見事に満開であり、神田川を覆うようにピンクのトンネルが出来ていた。満開の桜を楽しみながら下流に向かって左岸を歩く。小滝橋の少し先まで行ったところで引き返すことにし、今度は反対側の岸を歩く。こちら側は新宿区立の「神田上水公園」という公園になっており、少し幅広の道である。道の脇にはブルーのシートがズラリと敷かれており、お昼頃には花見の宴があちこちで始まろうかという様相である。我々夫婦も、桜の下で宴の気分を味わいたくなりコンビニを探したのだが、結局見つからずアルコールに有り付くことは出来なかった。


神田川の桜(2011.04.10撮影)


神田上水公園(2011.04.10撮影)


 大東橋まで戻って来たところで神田川に別れを告げ、東中野駅前まで戻ってから今度は中央線沿いを中野駅に向かって歩く。その前に喉が渇いたのでコンビニで缶ビールとおつまみを買い求め、歩きながらの宴である。(^^;)


この中央線沿いには、土手に咲く桜と菜の花の見事なエリアがあり、5年前に中野区を歩いた時にも訪れていたので、カミサンに見せてあげるべく今回もこのコースを選んだのである。道の右手には相撲の若貴兄弟も通っていた明大中野中学がある。土手の桜と菜の花を見ながらしばらく歩くと、中央線の上に架かる歩道橋がある。ここからの眺めは抜群なのであるが、やはり、今日も歩道橋の上には沢山のカメラマンが陣取って撮影していた。


 やがて、中野駅前まで歩いて中野ブロードウェイに続くアーケード街に到着。ここで長男より「中野駅に着いた」の電話。入社して1週間が経った息子に栄養補給してやろうと思い、お花見ウォーキングに誘って途中で合流することにしていたのである。このアーケード街とその先にあるブロードウェイと名付けられたビルの雰囲気は独特であり、オタクが集まりそうなマンダラケと言う店が入っていたりする。話の種に一度はカミサンにも見せておきたかったエリアである。


 ブロードウェイを出て中野通りに出ると、道の両側には満開の桜が咲き誇っており、こちらも桜のトンネルが出来ていた。新井薬師公園では花見の宴があちこちで始まっており大賑わいである。公園の前にある歩道橋からの眺めがまた素晴らしいので、登って写真を撮る。中野通りをさらに北上し哲学堂公園へ。この公園も桜が見事であり、もう空いた場所が無いほどの宴の盛り上がりようであった。今日のランチは、5年前に高校の同級生と一緒に訪れた時に入った店を考えていた。その店は、哲学堂公園の向かいにある漆器屋さんで「哲学堂まつおか」という店である。ところが、昨日インターネットで調べた時にはちゃんとホームページがあったのに、現地に来て見ると何と「4月30日をもって閉店しました」という貼り紙が出ていた。1年前なのか何年も前なのかは分からないが閉店とは残念である。仕方が無いので息子の栄養補給は新宿まで出てすることに。


中野通りの桜(2011.04.10撮影)


新井薬師公園(2011.04.10撮影)


哲学堂公園(2011.04.10撮影)


妙正寺川(2011.04.10撮影)


妙正寺川公園(2011.04.10撮影)


 西武新宿線の新井薬師駅から電車に乗り新宿へ。高層ビルの眺めの良い食事処を探し、以前に食事したことのある住友ビルの展望階へ。何度か入ったことのある土佐料理の店「祢保希(ねぼけ)」が入居していたのでそこでランチを取る。
 土曜日の予定が1日延期して日曜になってしまったので、明日から仕事が始まることを考えて本日はランチのあと早々に三島に帰還することにした。新宿駅で息子と別れて、中央線、新幹線と乗り継いで自宅に戻る。

 次回の東京23区の旅はゴールデンウィークの後になるかと思う。ゴールデンウィークの前半は、昨年歩いて楽しかった鎌倉を再度歩く予定であり、後半は法事で九州に帰省する予定になっている。


新宿西口の高層ビル(2011.04.10撮影)


東京都庁 本日は都知事選の投票日(2011.04.10撮影)