お散歩五郎の徒然草(11)〜富士山の湧き水〜

お散歩五郎の徒然草(11)〜富士山の湧き水〜

2007年03月17日(土)

 今朝の三島は小雨が降る寒い朝。真冬に逆戻りしてしまった様だ。雨の中、車で富士吉田を目指す。三島からは1時間ほどの圏内である。国道246号線を北上し御殿場の街に入ると、雨が雪に変わった。ぐみ沢の交差点を左折して山中湖方面に進む。道の両側の木々は白く雪化粧しており、下ってくる対向車も屋根に雪を積んでいる。須走交差点から急勾配の山道に入り、駕籠坂峠を越えると山中湖村である。
 
 富士吉田・道の駅。かつて富士山頂にあった白い球形のレーダーが、取り外されて今はここに設置されている。ここの道の駅には、もう一つ、知る人ぞ知る有名なものがある。富士山の湧き水である。バナジウムを多く含む富士山の湧き水は、血糖値を下げる効果や動脈硬化を押さえる働きがあると言われており、ここの道の駅には、いつ来ても水を汲みに来ている人の列が出来ている。我が家でも、噂を聞いた一昨年の秋から月に一度のペースでポリタンクを提げて水を汲みに来ている。どこかの大臣が、「今時、水道水を飲む人はいない」という発言をして物議を醸し出しているが、我が家では、飲料水は勿論のこと、コーヒーやお茶、冷蔵庫の氷、毎日炊く御飯にもこの湧き水を使っている。

 帰りに山中湖村の平野地区にある日帰り温泉「石割の湯」に立ち寄る。ここは入浴料が700円と安く、また、ぬるめの湯加減にしてある桧の露天風呂が、何時間でも浸かっていられそうで気に入っている。本当に「あ〜極楽、極楽」の気分である。

 一時間ほど温泉を楽しんだあと帰途につく。12時半には無事、自宅に帰還。午前中で温泉を楽しんで帰って来られるのだから本当に極楽、極楽である。