お散歩五郎の徒然草(2)〜越後の秋見つけた [奥只見湖の紅葉]〜

お散歩五郎の徒然草(2)〜越後の秋見つけた [奥只見湖の紅葉]〜

2006年10月21日(土)

 奥只見湖。ダムで堰き止められて出来た人造湖である。ここの紅葉の美しさに惹かれて中越まで足を延ばしてみることにした。

 奥只見シルバーラインは、奥只見ダム工事用に開かれた道。現在は新潟県の管理下にある。シルバーラインとは言っても、全長22kmの殆どがトンネルである。朝の早い時間帯とあって、下りの対向車はまったく無く、真っ直ぐに登るトンネル道の真ん中を80キロの速度で疾走。昔のテレビ番組・タイムトンネルの世界にワープした様な錯覚をおぼえる。
 トンネルを抜けると、そこは色づく別世界。山の紅葉が見事である。ダムの下にある駐車場には、まだ数えるほどの車しか見えないが、今日辺りが紅葉の見頃であり、昼には車で埋め尽くされることだろう。湖内周遊の遊覧船に乗り込み、紅葉の旅へ。赤、朱、黄のグラデーションが見事。本当に心が洗われる。ダムの下に戻って来たら、案の定、駐車場は車と観光バスで一杯。

 魚沼の町に降り、名物の蕎麦を食したあと、魚沼スカイラインに向かう。この辺りの家は、さすが豪雪地帯のためか、3階建てが多く、2階〜3階とは異なり、1階の壁はコンクリート地肌になっている。冬の間は雪の下に埋まる部分なのだろう。
 
 六日町ICを通り越して山道を登って行くと、八箇峠から魚沼スカイラインが延びている。こちらも、各地にある有料のスカイラインとは違い、やっと車が擦れ違えるほどの狭い道幅のつづら折れの道である。道の両側には越後の山々を臨むことができる。途中の展望台からは、魚沼の田園地帯を見下ろすことが出来る。名産のこしひかりは収穫間近というところか。

 最近では、高速道路網の整備により、新潟と言えども気軽に行ける距離となった。日帰りの旅であったが、紅葉を楽しみ、美味しい蕎麦を食べ、温泉に浸かって有意義な一日を過ごすことができた。


「奥只見ダム付近の紅葉」 (2006.10.21撮影) 新潟県魚沼市


「奥只見レークハウスにて」 (2006.10.21撮影) 新潟県魚沼市


「奥只見ダム付近の紅葉(その2)」 (2006.10.21撮影) 新潟県魚沼市


「湖面まで上がるスロープカー」 (2006.10.21撮影) 新潟県魚沼市


「奥只見湖の紅葉」 (2006.10.21撮影) 新潟県魚沼市

「そば処 薬師」 (2006.10.21撮影) 新潟県魚沼市


「へぎそば(二人前)」 (2006.10.21撮影) 新潟県魚沼市


「魚沼スカイラインより田園地帯を望む」 (2006.10.21撮影) 新潟県魚沼市